赤ら顔の原因って?(赤ら顔を治すおすすめの方法の前に)

悩みが深い、赤ら顔を治すおすすめの方法について詳しく説明していきますね。

まず、赤ら顔を治すおすすめの方法の前に赤ら顔になる原因について解説します。

原因がわからないと対処法がわかりませんよね。

実は赤ら顔の原因は毛細血管にあるんです。

顔にはたくさんの毛細血管があり、とくに鼻や頬、あごなどに集中しています。

この毛細血管がひろがると、血管のなかの赤血球が多くなり皮膚から毛細血管が透けて見えるため赤ら顔になるのです。

皮膚が薄い、敏感肌、皮脂分泌が多い方は外からの刺激に弱いため、ちょっとした刺激で毛細血管が拡張し、赤ら顔の症状が出てしまいます。

赤ら顔を治すおすすめの方法とは?

では、毛細結果のひろがりを抑えて、血液をスムーズに流すにはどうすればいいのでしょう?

ちょっとした刺激で毛細血管が拡張し赤ら顔になってしまうなら、その刺激を抑えてあげればいいんです。

そのためには、肌にグングン浸透して直接毛細血管にアプローチする必要があります。

そんなことができる化粧品があるんです。メイクでごまかすものではありません。

スキンケア、赤ら顔を治す専用のコスメです。

詳しくリサーチして、おすすめ順にランキング形式にしてまとめてみました。

赤ら顔を治すおすすめコスメランキング!

1位 白漢しろ彩
2位 SKIN&LAB ビタK レッドX トナー
3位 ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

赤ら顔にサヨナラしましょう!


赤ら顔を治すおすすめコスメを3つ紹介しました。

「白漢しろ彩」と「SKIN&LAB ビタK レッドX トナー」は直接毛細血管に作用して血行を促進する商品です。

対して、「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」肌にバリアを作って、毛細血管に刺激を与えないバリア機能の効果があります。

正直、「白漢しろ彩」と「SKIN&LAB ビタK レッドX トナー」は赤ら顔の症状を改善するにはどちらも同じくらいおすすめです。

ただ、お得な定期購入をする際「白漢しろ彩」はいつでもやめれるんですが、「SKIN&LAB ビタK レッドX トナー」は3回続けないとやめられない。

その差だけです。

どちらも赤ら顔を治す効果は抜群なので好みで選んでくださいね。

赤ら顔を気にせず、毎日ハッピーにすごせる未来がきっと待ってます(''ω'')ノ

 

http://b-shiki.jp/shirosai/

コスメ以外で赤ら顔を治す方法

コスメ以外で赤ら顔を治す方法紹介しておきます。

コスメが一番手軽に始められ簡単に効果も期待できます。

しかし、他の方法も知っておいて損はないですよね。

 

漢方薬で赤ら顔を治す

赤ら顔を治すおすすめの漢方薬としてまず選択するのは、血液の流れをスムーズにする働きのあるものです。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

・温経湯(うんけいとう)

・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

 

つづいて、興奮を抑えて血流の動きを鎮める効果のある漢方薬は

・知柏地黄丸(ちばくじおうがん)

・天王補心丹(てんのうほしんたん)

・滋陰降火湯(じいんこうかとう)

 

これらが、赤ら顔を治す働きがある漢方薬になります。

血行や血流の改善は漢方薬が得意とするところです。

しかし、漢方薬は使用する人の体質によって、合う合わないがはっきりしています。

漢方は最初にあたりを引くことは珍しいです。

専門医や薬剤師など専門家に相談して粘り強く、いろいろな種類を試してみてくださいね。

 

光治療で赤ら顔を治す

赤ら顔になっているトラブル部分に光を照射する治療法です。

一人ひとりに合わせた光の波長を調整できるのでオーダーメイドの治療ができます。

また、肌へのダメージが比較的少なく、痛みも多少の刺激を感じる程度です。

皮膚科や美容皮膚科で治療をするなら、手軽さから最初の選択肢になります。

 

レーザー治療で赤ら顔を治す

こちらも専門の病院でおこなう赤ら顔治療です。

医療レーザーを患部に直接当てて赤ら顔を治す施術になります。

光治療にくらべると肌への負担が大きく、痛みをともなうのがマイナスポイントです。

痛みやはれ、かさぶたなどが治まるまでの「ダウンタイム」と呼ばれる回復期間もレーザー治療にはつきもの。

レーザにはいくつか種類があって強さや効能に違いがあります。

「色素レーザー」や「ヤグレーザー」などが有名です。

また、保険が適用されるものと保険適用外になるものがあるのでクリニックで十分な説明を受けてから施術してくださいね。

 

硬化療法で赤ら顔を治す

赤ら顔のもとになる血管に硬化剤という薬剤を注射して、皮膚のうえから弾性包帯で圧迫する方法です。

血管が沈静化し、赤ら顔の原因になる血管の拡張を抑える効果があります。

 

間違った赤ら顔のスキンケア


間違ったスキンケアにより赤ら顔が悪化することもありますので注意が必要です。

赤ら顔は色素沈殿やニキビとは、そもそもの原因か違います。間違った目的のクリームなどの使用は悪化を助長することになります。

また、メイクで赤ら顔を隠すのもおすすめしません。化粧でごまかすよりも赤ら顔の根本解決を目指す方法を選んでください。

 

赤ら顔を治すために気をつけた方がいい生活習慣


赤ら顔を治すためには、赤ら顔専用のスキンケアを行うことが一番です。

しかし、より完璧を目指すためには生活習慣を見なおすのも効果的です。

  • 刺激物を少なくしバランスの取れた食生活を心がける
  • とくに美容に欠かせない栄養素を積極的に摂る(ビタミン・乳酸菌・コラーゲン・ナイアシンなど)
  • 緊張が赤ら顔の原因になることもあるので、睡眠をたっぷりとり日光を積極的に浴びる
  • 適度な運動を取り入れて体の内側からキレイになる
  • 枕カバー、シーツはマメに変えて、常に清潔な状態に
  • タバコ・過度の飲酒はしない
  • 肌への刺激が少ない洗顔方法を採用する(力を入れない・ゴシゴシこすらない・タオルはやさしく)

これらは赤ら顔を治すだけでなく、「美」につながることなので気をつけて損をすることはありません。

 

酒さが赤ら顔の原因になることも

毛細血管の拡張が赤ら顔の主な原因ですが、まれに「酒さ」という症状で赤ら顔になるかたもいらっしゃいます。

お酒を飲んだ時のように肌が赤くなるので「酒さ」と呼ばれています。

「酒さ」は肌が炎症を起こす慢性疾患で、ほうっておくと進行する厄介な病気です。

なので、「酒さ」であれば、病気なので早めに皮膚科の医師にかかる必要があります

そして、病院で皮膚科が処方する薬を摂取し、皮膚科の医師が勧めるレーザー治療やスキンケアを行わなければいけません。

 

「酒さ」の特徴として

  • 30代から60代で症状がひどくなる場合が多い
  • 頬よりも鼻を中心に赤みが強くなる
  • 小さなニキビのような吹き出物が同時に現れる
  • 乾燥肌というよりは脂症の肌質のかたが発症する割合が高い
  • 炎症部分に刺激を感じる(チクチクする感じ)

などがあげられます。

上記の症状が出たら、すぐに皮膚科を受診してくださいね。

酒さの原因

酒さを発症する原因ですが、はっきりわかっていないのが本当のところです。

しかし、次のようなものが原因ではないかと言われています。

  • 遺伝
  • 紫外線を多く浴びた
  • 精神的なストレス
  • 過度な飲酒
  • アトピー性皮膚炎
  • 長期間のステロイドの使用
  • 寒暖差

などで、こうやって実際あげてみても理由がはっきりしていないことがわかると思います。

しつこいようですが、酒さであればセルフケアはおすすめしないので、必ず皮膚科の医師の診断を受けて治療してくださいね。

Copyright© 赤ら顔を治すおすすめの方法はコレ!【サヨナラ赤ら顔】 , 2017 All Rights Reserved.